警察庁『あおり運転』の罰則創設へ ~ドライブレコーダーの必要性もより高まってきます~


2019年12月6日、警察庁は道路交通法を改正して「あおり運転」そのものを処罰できるよう罰則を創設する方向で進めています。
 
現在、あおり運転そのものを罰する規定はなく
・道交法の車間距離保持義務違反
・刑法の暴行罪
などを適用しています。
 
新規定では
・通行を妨害する目的で一定の違反によって危険が生じるおそれのある行為
(車検距離を詰める行為、割り込みなどの進路変更や急ブレーキ)
・あおり運転により他の車を停止させる行為
などを規定する方向です。
 
ドライブレコーダーの映像や目撃証言なども「あおり運転」の判断材料になります。
今後、ドライブレコーダーの必要性はより高まっていきます。
 
オートウェーブでは、あおり運転対策におすすめな360°撮影可能なドライブレコーダーなど、様々な機種を取り扱っております。
 
ぜひ、お気軽にご相談下さいませ。


こちらもお見逃しなく!