タイヤの溝、残ってますか? 簡単な点検方法をご紹介

タイヤの溝が減ると、きちんと止まれない・曲がれないといった事故の原因になります。

日頃の点検が大事なのですが、点検方法が分からない...という方に、身近なものを使った点検方法をご紹介します。

 用意するのは10円玉

本来は専用のゲージで測るのがベストなのですが、手持ちの10円玉でもある程度点検が出来ます。測り方は、溝に10円玉を当てるだけ。淵や柄の見え具合で減っているかどうかを点検出来ます。

 

危険度の目安はこちら

 

「新品の場合」はこのような見え方になります

「そろそろ交換の場合」はこのような見え方になります

「危険な場合」はこのような見え方になります

 

スリップサインとは?

名前を聞いたことがある方もいると思いますが、スリップサインとは、溝が危険なレベルにまで減っていることを知らせてくれるサインです。

タイヤの溝を見ると何箇所か盛り上がっている部分がありますが、これは法定上危険とされている1.6mm分、盛り上がっています。

つまり、このスリップサインの高さまで溝が減ると危険で、もちろん車検にも通りません。

スリップサインまで減ったタイヤがこちら

 

スリップサインが見えるまで乗ってもいい?

1.6mmというのは、あくまで車検にパスするための最低数値です。
雨の日や夜間、冬の朝の凍った路面など、様々な環境で走ることを考えると、3.5mmくらいでの早めの交換をおすすめします。

 
タイヤの溝が減っている、出来ればプロのスタッフに診断して欲しいという方は、お気軽にご相談ください。


こちらもお見逃しなく!