車両にあったバッテリー選び

バッテリーは、車両にあわせたさまざまなサイズ・容量があります。 バッテリー天面に記載された、型式をみてみましょう。

mame_battery3_img01

バッテリーの形式(かたしき)の見方

国産車用バッテリーの場合

国産車のバッテリー形式はJIS規格に基づいています。形式はクルマに備え付けの取扱説明書にも記載されています。

mame_battery3_img02

(1)バッテリーの性能ランクを表します。数字が大きいほど始動性や蓄電量が高くなります。※クルマが指定しているサイズより低いものは使用できません。

(2)短側面の面積(幅×高さ)を表します。普通車の場合、BとDが大半を占めます。

(3)長側面の長さ(cm)を表します。23の場合、23cmを意味します。

(4)天板についた(+)(-)の端子の位置を表します。

mame_battery3_img04

mame_battery3_img03

一般的な国産車用バッテリーの場合、この天板部分にサイズ表記があります。

輸入車用バッテリーの場合

輸入車のバッテリーは国や地域ごとに独自の規格が設けられているため、複雑でわかりにくいのが実情です。形式はバッテリーメーカーのホームページや購入店、カー用品店で確認できます。お電話でお問い合わせの際は、車検証に記載の車両型式・年式をお伝え下さい。

mame_battery3_img05

(1)バッテリーの種類を表します。5=12V100Ah未満、6=12V100Ah以上

(2)20時間率容量(Ah)を表します。

(3)バッテリー固有のシリアルを表します。

mame_battery3_img06

米国車のバッテリーについて

米国車のバッテリーはメーカーによって表記方法が異なるため、国産車用バッテリーの様な統一規格表示はありません。したがって、現在使用中のバッテリーの型式を読み取って、互換表で調べるのが確実ですので、スタッフまでお気軽にお申し付けください。

おすすめのバッテリー

mame_battery3_img07

充電回復性能が高く、軽くて大容量、耐久性にもすぐれた高性能バッテリー。その大容量性能は、カーオーディオの音質も向上させます。また、バッテリーの寿命を判定する「ライフ・ウィンク」をオプションでつければ、突然のトラブルへの不安を軽減し、寿命末期までバッテリーを使用できます。

電解液にリチウムを配合したり、極板内のカーボン量の最適化をはかることで、充電受入性能を向上。(標準品比122%)サンデードライバーやちょい乗り車にもお勧めです。

バッテリーには保証はあるの?

さまざまな保証期間が設けられています

メーカーやブランドごとに「1年または2万km」「2年または4万km」「3年または6万km」などの保証を設けています。高性能を謳った商品ほど保証期間が長いため、性能や寿命の目安にする事ができます。
※バッテリーの保証は、使用年数を保証するものではありません。
※保証期間内でも、保証対象にならないバッテリー上がりがあります。
バッテリー上がりの原因①~⑦参照)

オートウェーブならではのバッテリー特典

保証期間内であれば無料で充電いたします

オートウェーブでお買い上げいただいたバッテリーが「過放電」「長期放置」「充電不足」によるバッテリーあがりを起こした場合には、無料で充電いたします。また充電お預かり時には、無料で代替バッテリーをお貸し出しします。
※サイズによって即時用意できない場合があります。


こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか