今さら聞けない・・・ タイヤに窒素ガスを入れるメリットは?


オートウェーブでは、タイヤ交換の際に窒素ガスを充填しています。タイヤに窒素ガスを充填するメリットはご存知ですか?
 

タイヤに窒素ガスを充填することにより、どのような効果があるのでしょうか?

窒素ガスは酸素に比べてゴムの透過率が低く(酸素は窒素よりも約3倍通り抜けやすい)、空気圧の減少が抑えられます。
 

窒素ガスは空気に比べて水分量が少ないため、温度差による空気圧の変動が低く、空気圧を安定させることができます。
 

空気が抜けにくい、空気圧の変動が少ないことにより、タイヤが転がる際の抵抗を抑えられ、燃費の節約が見込めます。
 

窒素ガスは水分量が少ないので、タイヤの劣化やホイールの酸化(腐食)を抑えることができます。また、空気圧の変動が少ないことで偏摩耗を防止し、タイヤを長持ちさせることも見込めます。
 

窒素ガスは酸素と比べて、音の伝導率が低いため、走行中にタイヤから伝わる走行音(ロードノイズ)を抑えることが見込めます。
 

窒素ガスは不燃性のため、万が一、事故等で出火があった場合でも、燃焼を助長することが無いので安全です。

 
窒素ガスは抜けにくいからといって、長期間補充をしなくても良いわけではありません。また、エアバルブから空気が抜けてしまったり、タイヤに釘などの異物が刺さり、少しずつ空気が漏れてしまうことなどもあります。

オートウェーブでは点検・補充を承っております。定期的な空気圧の点検、窒素ガスの補充を心掛けましょう。


こちらもお見逃しなく!