雨の日の交通事故は晴れの日の約5倍 ~雨の日に気をつける運転のポイントは?~


梅雨・台風・ゲリラ豪雨など、雨が多い季節になります。
雨の日は晴れの日よりも交通事故が多く発生します。首都高速道路株式会社の調査によると、雨天時1時間当たりの事故件数は、晴天時と比較して、約5倍にもなるといわれています。

雨天時の事故の多くは
・スリップによる事故
・雨で視界が悪くなることによる事故
になります。

「スリップを起こさない」「視界を確保する」ためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

雨天時の安全運転ポイント

雨の日のスピード超過は特に危険です!スリップ事故の大半はスピード超過が原因です。
 

追い越しや車線変更も加速することが多く、こちらもスリップの原因の一つになります。また、サイドミラーに水滴が着くと後方の車が見えにくくなります。やむを得ない場合を除いては、追い越しや車線変更は行わないようにしましょう。

サイドミラーに水滴を作らなくする商品もおすすめです。

 

雨天時は昼間でも視界が悪くなり、周囲の車も見えにくくなります。ライトを点灯することで、他のドライバーや歩行者に、自分の車の存在が伝わりやすくなります。
 

雨の日はブレーキが効いてから車が停止するまでの「制動距離」が伸びます。特に溝が減っているタイヤは要注意です!また、車間距離を十分にあけて走行することも大切です。
 

ガラスを綺麗にして油膜を取り、撥水コーティングをする事で驚くほど視界がよくなります。また、ワイパーゴムの劣化も視界悪化の原因の一つになります。定期的な点検・交換をおすすめします。
 

雨の日の運転は十分に注意しましょう。また、雨に備えたメンテナンスも日頃から心掛けましょう。


こちらもお見逃しなく!