今さら聞けない・・・ 車の乗車人数。子供の数え方は?子供って何歳まで?

車の乗車人数。子供の数え方は?子供って何歳まで?

子供の友達を連れて一緒に遊びに出かけたり、親戚が集まったときに、甥っ子や姪っ子を乗せて移動したりと、いつもと違う人数で、車を運転することもあると思います。

自動車免許を取得する際に勉強したはずですが・・・覚えていますか?
 

公式を覚えておけば、子供の最大乗車人数が簡単に計算できます。

まず、何歳までが子供として扱われるのでしょうか?法律では次のように定められています。
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
道路運送車両の保安基準第53条第2項
前項の乗車定員は、十二歳以上の者の数をもつて表すものとする。この場合において、十二歳以上の者一人は、十二歳未満の小児又は幼児一・五人に相当するものとする。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

つまり、12歳未満が「子供」として扱われます。
身長・体重は関係なく、12歳未満であれば子供として扱われます。

そして、大人1人は子供1.5人に相当するということですが、どのように計算すればいいのでしょう?

(車の最大乗車定員 - 乗車する大人の人数)× 1.5 = 乗車できる子供の人数
 ※端数は切り捨て

==================
例えば、
5人乗りの車に大人が2人乗る場合は
( 5 – 2 )× 1.5 = 4.5
つまり、子供は4人乗車可能になります。

7人乗りの車に大人が2人乗る場合は
( 7 – 2 )× 1.5 = 7.5
つまり、子供は7人乗車可能になります。
==================
 

法的には、乗車定員数が守られていれば、後部座席のシートベルトが足りない分は、着用しなくても罰則は免除されます。ただし、シートベルトを着用しないで乗せることは出来るだけ避けたいですね。
 

人数分のチャイルドシートを設置できない場合も出てきます。この場合、法的には設置できない分は免除されます。ただし、安全の為にはチャイルドシートを設置できる数を優先にした方が良いですね。
 

乗車定員を超えて走行した場合の罰則は?

普通車の場合、減点1点 反則金6000円の罰則になります。
 
正しい乗車定員を守ることはもちろんですが、無理な乗車はやめて安全運転を心がけましょう。


こちらもお見逃しなく!