Q&A オイル編

Q1 下抜き・上抜き どっちがいいの?

A. エンジンオイルは、ドレンボルト(廃液口)のある下から抜く「下抜き」という方法と、オイルレベルゲージから管を差し込み、上から吸い上げて抜く「上抜き」という方法があります。
オートウェーブでは、効率よく、また確実に古いオイルを抜き取ることを優先に考え、車種ごとに交換方法を変えています。

関連ページはこちら

Q2 オイル添加剤ってどんなものがあるの?

A. ベースオイルに加えてさまざまな効果を出す添加剤はとても人気です。
音を静かにする、パワーをあげる、潤滑性能をあげる、漏れを止める、内部を洗浄するなど、オイル添加剤の種類は多岐にわたりますので、目的に応じてお選びください。

関連ページはこちら

Q3 意外と重要なドレンボルトのパッキン交換

A. ドレンボルトのパッキンは、劣化するとオイル漏れを招きます。
当店では、ドレンパッキンを無料で新品交換しています。
また、ドレンボルトの締め付けは、強すぎても弱すぎてもいけません。
専用のトルクレンチを使用し、車種ごとに決められた適正値で締め付けを行っています。
「見えないところもしっかりと」これがオートウェーブのポリシーです。

関連ページはこちら

Q4 エンジンオイルの滲み、どうすれば?

A. 多走行車や年式の古い車に見られるオイル漏れやにじみ。
パッキンやガスケットの劣化により発生するものですが、修理には大掛かりな分解整備が必要です。
エンジンオイルに添加する漏れ止め剤などで症状を和らげる方法もあります。
オートウェーブでは、オイル交換時に発見した異常を適切にお客様へお伝えし、安心してお車に乗り続けられるお手伝いができるよう心がけています。

関連ページはこちら

※掲載されている回答文章・数値は当社調査によるものです。実際の内容や数値と多少異なる場合がございますので予めご了承ください。

こちらもお見逃しなく!