今さら聞けない・・・ 飲酒後何時間でアルコールは抜けるの?


「夜お酒を飲んで、翌日の朝は車で仕事」という方も多いと思います。
「たくさん飲んだけど一晩寝れば大丈夫」と思っていませんか?
本当に大丈夫なのでしょうか?

飲酒量でアルコールの分解時間は大きく変わります。

お酒を多く飲めばそれだけ多くのアルコールが体内に摂取されます。
多くのアルコールを分解するには、それだけ時間も長くかかります。

アルコールの分解にはどのくらい時間がかかるのでしょうか?

1時間に分解できるアルコール量は・・・

1時間に分解できるアルコール量は以下のように計算できます。

例えば、60kgの人なら
 60 × 0.1 = 6g
体重60kgの人が1時間に分解できるアルコール量は6gになります。

飲んだお酒の純アルコール量は・・・

飲んだお酒の純アルコール量は以下のように計算できます。

例えば、缶ビール350ml(5%)の場合
 350(ml)× 0.05 × 0.8 = 14g
350mlの缶ビール1缶の純アルコール量は14gになります。

上の2つの数字で計算すると・・・

純アルコール量 14g ÷ 1時間で分解できるアルコール量 6g = 分解に必要な時間 2.3時間
350mlの缶ビール1缶のアルコールを分解するのに2~3時間かかります。

単純計算ですが体重60kgの人が350mlの缶ビールを3本飲むと、アルコールを分解するのに7時間ぐらいかかることになります。もちろんアルコールの分解時間には個人差があり、あくまでも目安です。
意外と時間がかかるものですね。

「少し寝たから大丈夫」もダメなんです!

「少し寝たからもう大丈夫だろう」と思っていませんか?ダメなんです!
睡眠中はアルコールを分解する肝臓の機能が落ちるため、分解速度が起きている時の2倍になるとも言われてます。

お酒はほどほどに、飲んだら乗らないことが一番ですね。


こちらもお見逃しなく!