車検・点検

よくある質問

よくあるご質問一覧

Q1. 車検って何?

A. 点検基準に定められた項目箇所を点検します。
保安基準に適合しない場合は、交換・修理が必要になります。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q2. 車検の時に必要なものは何?

A. 車検証、自賠責保険証、納税証明書、ホイール・ロックナット(タイヤを外すため)が必要です。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q3. 車検はいつからいつまでの間に受けることが出来るの?

A. 車検証の期限満了日の1ヶ月前から満了日までの間です。
その期間内で行えば期間満了日の更新の日づけが変わることがないからです。
例:18年7月7日 → 車検20年7月7日
期間が変わってしまってもよければ何ヶ月前でも車検を受けることが出来ます。満了日後は駄目です。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q4. 車検時に必ず交換しなければならないものはありますか?

A. 現状で保安基準に適合していれば交換する必要はありません。
保安基準に適合しない、しなくなる状態のものは交換・修理が必要です。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q5. その日に乗って帰れますか?

A. 平日、土日、祝日関係なくお車が問題なければ乗って帰れます。
車検証はお預かりして後日更新しますのでお手元にはありません(郵送or来店にてお渡しします)が、代わりになる標章を発行しますので(期間15日)乗ってお帰りになれます。
民間車検場という国の指定をうけて陸運支局と同等の検査を実施できる工場だからです。
※上総君津店は、認証工場のため除きます。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q6. 他県ナンバーでも受けられますか?

A. 車検を受けられます。書類を必ずお持ちください。
納税証明書の再発行の代行(有料)も承ります(一部地域のみ)。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q7. 車検が切れている場合は、どうすればいいですか?

A. 公道を走行できませんので、いずれかの方法でご来店ください。
1:仮ナンバーにてご来店いただく方法(各市区町村の役場で発行)
2:キャリアカーで搬送にてご来店いただく方法
お引取りのサービス(有料)実施は店舗により異なります。お問合せください。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q8. 整備等を全くしていませんが、車検は受けられますか?

A. 点検箇所が保安基準に適合していれば車検はOKです。
ただし、安全性を考えると今後は点検や整備をしていく事をお勧めします。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q9. なぜ安くて、早いのですか。

A. 車検専門のスタッフが1台に対し2名以上で作業し、効率を上げ早くしました。
お客様と一緒に立会いで説明いたします。良好な箇所、不良な箇所をご説明いたしますので、その上で、お客様からのご要望箇所を作業いたします。
さらに、事務手数料や代行費用は極力押さえ、そして、ショートパーツ代・油脂類の補充代などは頂きません。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q10. 基本整備料金以外の工賃は何故必要なの?

A. 点検は基本整備料金に含まれます。他にもお客様が気になる点があれば言ってください。
できる範囲で点検します。その際軽微な調整は費用頂きません。
サイドブレーキ調整、タイヤエア調整、検査ラインでの調整など、ブレーキクリーナー、パットグリスなど(必要時)のショートパーツ代など。
但し部品交換や分解修理などの作業にかかる工賃はいただきます(こちらで勝手に作業し請求することはございません)。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q11. 追加整備はやらなければならないのですか?

A. 作業はお客様が決められるものと決められないものがあります。
保安基準に適合していない所の整備を行わなければなりません。
これに関してお客様は決められません。
立会い等にてご説明させていただくときに安心してお乗りいただくための説明をいたしますので、お客様にてお決めください。そのときでも、後日でも構いません。ご相談に乗ります。
これにより安くやりたいというお客様の意見に答えられるようになりました。
> よくあるご質問一覧にもどる

Q12. 保証はついているのですか?

A. もちろん、ついています。
当社交換箇所につきましては6ヶ月又は1万キロ(どちらか早い方まで)の保証内容です。
その期間内であればその他の箇所でも無料にて点検いたします(作業工賃、部品代は頂きます)。
> よくあるご質問一覧にもどる

ご注意ください!このような場合は車検に通りません。

A. ご注意ください!このような場合は車検に通りません。

  1. マフラーの音量が大きすぎる場合(新基準は96db以下)。
  2. タイヤがかなり磨り減っている場合。ドライブシャフト等の各種ブーツ類の切れ・割れがある場合。
  3. バルブ(電球)の数や色が規定外の場合や電球切れの場合。
  4. 一部のディーゼル車(地域による)。
  5. 車高が低すぎる場合(最低地上高は9cm)。
  6. タイヤやホイールがフェンダーからはみ出している場合(規制が厳しくなっています)。
  • フロントウインドウに色付きフィルムが貼ってある場合。
  • ガラスの飛び石ひび割れがある場合。
  • 排気ガスのCO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)値が多すぎる場合。
  • 各種オイル漏れが起きている場合。
  • ブレーキパッド残滑が残り少ない場合。
  • 8ナンバーの特殊設備(キャンピング車はキャンピングセットなど)が不備の場合。
  • その他改造箇所の未申告(車検証規定の寸法を超えたサイズのエアロなど)がある場合。
  • ウオッシャー液が出ない場合。
  • ワイパーゴムが切れている場合。
  • ホーンの音量や音色が一定でない場合。
  • エアコン・テフロスターが出ない場合。
  • ステアリングのサイズや形状が規定外の場合。
  • 社外シートの背面がプラスティックなどの場合。

※その他ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

> よくあるご質問一覧にもどる

「よくある質問」 サービスメニュー 一覧

こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか