サービスメニュー

ドレスアップ・保安商品作業

カーラッピング 注意事項

今話題のカーラッピングフィルムであなたの愛車もイメチェンしませんか?

カーラッピングフィルムの性能・性質について

  • 製品上、褪色等の耐候性は約3年とされています。(※日本国内の標準的な環境下の屋外垂直面)
  • 製品上、接着が完了するまでに施工後約48時間程度を要します。その間、洗車は控えて頂くようにお願い致します。
  • 主にマフラー周りやボンネットなど、高温になる部分については変質する恐れがあります。
  • フィルムを施工することにより今まで目立たなかった凹み等が目立つようになることがございます。
  • カーボン柄には製品上、不規則な歪みがございます。
  • カーボン柄には表面に凹凸があり、その目地に汚れが入り込むと取り除くことが困難になる場合があります。
    固形ワックスやコンパウンドなどのご使用はお控え下さい。
  • 施工後、表面にムラのような模様が生じる場合がございますが、ほとんどの場合時間の経過で解消されます。
    特にグロス、グロスメタリック、マットなどの単色系を広範囲に施工した場合に見られる症状です。
  • 施工後、水ぶくれのような症状が見られることがありますが、ほとんどの場合時間の経過で解消されます。
    触ると症状が悪化する恐れがありますので、そのまま1ヶ月ほど放置して様子を見て頂くようお願い致します。

カーラッピングフィルムの貼り替えについて

  • 製品上、再剥離性能を発揮する期間は施工後約3年とされています。
  • はがす際は十分熱を加えることが必要となります。常温では粘着が強くはがしづらいのでご注意下さい。
  • 再剥離性能は基材表面の状態や保管環境等により充分に発揮されない場合がございます。
    例えば元々劣化がある場合や、再塗装された箇所等は塗装が剥がれることがございます。
    施工・剥離時の基材表面の剥がれ、めくれ等のダメージにつきましては補償の対象外とさせて頂きます。

施工方法について

  • カーラッピングフィルムはほとんどの場合、施工面に貼付後カッティングする手順となります。
    細心の注意を払って施工致しますが、まれにカッター傷等が生じることがございます。
    施工方法上、完全に防ぐことはできませんので何卒ご理解の程宜しくお願い致します。
  • カッティングを最小限に留めるため、開口部の内側などは余剰部分を残したままにさせて頂きます。
  • 施工箇所に対しピッタリ貼るように致しますが、隙間等若干のズレが生じる場合がございます。
  • 曲面などに施工する場合、剥がれを予防するためにフィルムを分割して施工させて頂くことがございます。
  • 施工面及び隣接部位の塗装に不具合がある場合、フィルムや養生テープ等の粘着により塗装が剥がれることがございます。
    最近修理した部位等、ご存知の部位がありましたら事前にお知らせ頂くようお願い致します。

補償修理について

  • 製品の特性上、剥がれやめくれなどは施工後1ヶ月以内にご連絡を頂いた場合に補償対象とさせて頂きます。
    万一そのような症状が確認された場合にはお手数をお掛けしますがお車を施工店までお持ち下さい。
    症状を確認後、しかるべき方法にて対応させて頂きます。
  • その他、製品・施工方法に起因する症状につきましては状態確認の上判断させて頂きます。

その他

  • 施工前後の状態を撮影させて頂き、販売促進に活用させて頂くことがございます。(登録番号等は伏せさせて頂きます。)

カーラッピングフィルムについてのお問い合わせはこちら

「カーラッピング 注意事項」 サービスメニュー 一覧

こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか