ニュース

路面凍結は雪より怖い?気温7℃以下になったらスタッドレスタイヤに!

本当に怖いのは雪より氷?

気温が7℃以下になったらスタッドレスタイヤに!

車を運転するうえで、雪が降った時は注意する必要がありますが、
それと同じくらい凍った路面には注意が必要です。

凍った路面が怖い理由

<その1>雪のように視線に入ってくるわけではないので、注意力が低くなる

当たり前ですが、雪が降っているとフロントガラスに当たってきます。
また、積もった場合は多くのドライバーが注意して運転するため、自然と運転も慎重になります。

しかし凍った路面、特に夜間は普通の水たまりと同じように見えることがあるため、
気づかずにスピードを出してスリップ……ということも。

<その2>情報が少ない

雪が降る前は天気予報やニュースなどで雪に注意!と多く情報が入ってきますが、
路面凍結はたまに触れられる程度。
雪が降らないから大丈夫、ではなく凍結するような気温の時点で注意しましょう。

<その3>ノーマルタイヤは硬くなる

一般的に気温が7℃以下になるとノーマルタイヤのゴムが硬くなり、しっかりと路面に密着しません。

朝夕は気温が急激に下がります。
特に橋の上などは凍りやすいので、通勤ルートにある場合はしっかりとご準備を!

=============================

「こっちでは雪があまり降らないから、スタッドレス買うのもったいないなぁ……でも
いざって時、安全に走れるタイヤは無いかなぁ……」という方におすすめ!

夏の乾いた路面でも、雪の降った路面でも走れる
「オールシーズンタイヤ GOODYEAR vector4seasons」を
オートウェーブで各サイズご用意しています!

ベクター4シーズンズの詳細はこちら

=============================

2016年11月の初雪では、準備不足により多くの事故が発生しました。
オートウェーブの各店でも、タイヤの在庫切れや作業時間が長引くなどの状況が続きました。
タイヤ交換の作業時間自体は30分から40分ですが、作業に入るまでに4時間~5時間かかることもありますので、事前の備えをおすすめします。

==============================

各店舗の情報はこちら


こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか