【クルマの豆知識】2016年4月1日より、ナンバープレートの違反基準が改正されます。

2016年4月1日より、施行開始

 今までの道路運送車両法でも、「ナンバープレートは見やすいように表示しなければならない」と定められておりましたが、4月1日より新基準で施行となります。今回の法令整備で以下のことは完全にアウトになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ナンバーカバー等で被覆すること。
・シールなどを貼りつけること。
・汚れた状態にすること。
・回転させて表示すること・・・など
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 透明のナンバーカバー等は、一部場所ではグレーとして対応されていたようですが、今回の法令整備でカバー自体が完全アウトになります。ナンバーの角度や位置に関しては、2021年(平成33年)3月31日までに届け出のある車両は自動車の運行中番号が判読できる見やすい角度であれば大丈夫とのことです。

 しかし、2021年(平成33年)4月1日以降に初めて登録を受ける自動車等のナンバープレートについては、一定範囲の上下向き・左右向きの角度によらなければならないこと、フレーム・ボルトカバーを取り付ける場合は一定の大きさ以下のものでなければならないなど、かなり細かく定められることになります。

 もし、まだナンバーカバーを装着されている方がいましたら、平成28年4月1日以降は取り締まりの対象となりますので、外しておきましょう。

参考文献:国土交通省 道路運送車両法施行規則の一部を改正する省令等の制定についてより


こちらもお見逃しなく!