スタッドレスタイヤのいろは〜スタッドレスタイヤとは

雪が降ったり路面が凍結すると人の転倒事故が続出するのと同じように、夏タイヤのままでは事故につながりやすくなります。あぶない思いをする前に、スタッドレスタイヤを検討してみませんか?

studless_img01

凍った路面はなぜ滑る?

氷の上でタイヤが滑る原因は水分があるためなんです!

路面が完全に凍った状態ではタイヤはあまり滑りません。凍った路面の表面が融けてタイヤと路面の間に水の膜ができることで、クルマは滑りやすくなります。

スタッドレスタイヤと普通のタイヤとの違い

雪道やアイスバーンはもちろん、乾いた路面でも走りやすいタイヤです!

スタッドレスタイヤは雪道を走れるようタイヤの溝が高く設計されているほか、凍結した路面を走れるようゴムの作りや材質に工夫が施されています。また乾いた路面で夏タイヤのように走れることもスタッドレスタイヤの大きな特徴です。

mame_studless_img01

夏タイヤより深い約1cmの溝で積雪を噛むように
圧縮して蹴り出します。

mame_studless_img02

路面の水分を吸収しやすいようゴムを
スポンジ状にしたタイヤ

雪がほとんど降らないエリアでスタッドレスは必要?

氷点下以下になると、路面の水分は凍りはじめます

たとえ雪の少ない千葉でも気温が氷点下以下になると路面の水分は凍りはじめます。注意したい時間帯は雨が降った日の夜間から朝方まで。陸橋の上や木陰、山間部に抜ける道はだいたい凍っています。車で通勤されている方や車でお子様の送り迎えをされているようでしたら、はいていたほうが安心です。

チェーンか? スタッドレスタイヤか?

チェーンはあくまでも緊急用です

チェーンをつけたほうがブレーキの性能は高まりますが、走行速度が制限されてしまいますし、過酷な環境では着脱に手間がかかります。できればスタッドレスタイヤとチェーンの両方を用意されることをおすすめします。


こちらもお見逃しなく!