音質をアップさせるには

ロードノイズや振動にさらされる車内環境でも、アフターパーツへの交換や制振処理を施すことで、迫力のあるサウンドを実現することができます。

mame_sound_img01

車内の音をよくするには?

スピーカーを変えてみましょう

市販スピーカーは高価な部材を使い、良質な音を出せるように設計されています。
立体感や厚みのある音、低音や高音の出方もお好みで選べます。

デッキを変えるのとスピーカーを変えるのはどっちがよいの?

スピーカーの交換だけでも音質を向上できます

音質向上には音の出力部であるスピーカーを変えたほうが効果的。
デッキを変えられない場合でもスピーカーの交換だけで好みの音質を実現できます。

純正のスピーカーじゃいけないの?

本来の音に近づけたいならスピーカー交換がおすすめです

純正スピーカーは振動部が紙で出来ていたり、セッティングもシンプルなものが多いため、ノイズの多い車内で音楽を楽しむには少し力量不足。
本来の音に近づけたいときは、やはりスピーカーの交換がおすすめです。

スピーカーの価格の違いは

高価格帯の商品ほど音質があがります

使用している素材や部品、セッティングなどが違います。
値段の高いものほどグレードの高い音質を再現できます。

重低音でガンガン聴きたいけどどうすれば?

ウーハーが必須

重低音を利かせたいときは低音域を受け持つウーハーが必要。
ウーハーはコンパクトなものなら助手席下に、大きいものはラゲッジスペースに取り付けられます。
ウーハーは大きければ大きいほど低音が出ます。
デッキからの信号や電源もとらなければならないので自分で取り付けるには、技術が必要です。

mame_sound_img02

映画を迫力のある音で楽しむなら?

5.1ch.のナビシステムがおすすめ

映画館などで利用され、今ではホームシアターなどでも定番となっている5.1ch サウンドシステム。
車内でもその環境を作りだすためには、5.1ch システムに対応したオーディオ、映像を映し出すモニター、フロント・リアのサイドスピーカー合計4 つに加え、センタースピーカー、モノラルウーハーが必要となります。
最近はモニターと5.1ch 対応オーディオがまとめて手に入るカロッツェリアのサイバーナビが人気です。

mame_sound_img03

こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか