クルマも人も健康がいちばん

2年に一度(新車は3年)の車検は言うならば、クルマの“定期検診”。
人間と同じようにクルマも定期的に検査をし、不具合を整備することで健康に走ることができます。

mame_inspection_img01

どうして車検が必要なの?

車の安全性の確保と、公害防止のため。

自動車は時間が経つとさまざまな部品が劣化し、不具合が生じます。そこで国(国土交通省)が定めた基準に沿って検査・整備を行うことで事故を未然に防ぐとともに、劣化等から発生する公害を予防します。

車検でやること

1.検査
「道路運送車両法」に定められた「保安基準」に適合しているかどうかを検査します。
3.重量税の支払い
重量税(おもに道路の建設・補修等に使われる税金)を支払います。車の重量によって課税率は変わります。
2.自賠責保険の加入
自動車損害賠償責任保険(略称「自賠責保険」)を更新します。
4.点検・整備
不具合を起こしかけているポイントをチェックし、整備を行います。

検査と整備の違いは?

たとえるなら検査は“健康診断”、整備は“治療”です

「道路運送車両法」に定められた「保安基準」に沿ってひとつひとつチェックを受けるのが検査。不具合が見つかれば整備を行います。一般的に、検査前に点検・整備を行い、不具合があれば修理を行います。

車検はどこで受けるの?

検査は車検場で行っていますが、いくつかの方法があります。

その1 運輸支局・軽自動車検査協会

検査

各都道府県に設置された国土交通省が管轄する車検場(普通乗用車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会)。検査を行い、自動車検査証を交付します。

その2 民間の指定工場

点検整備検査

車検場と同等の検査を行い、保安基準適合証を交付することを運輸支局によって認可された自動車整備工場。

その3 その他認証工場

点検整備

運輸支局から自動車整備事業の認証を受けた整備工場。点検と整備のみ行い、検査は車検場に車両を持ち込むため、時間がかかります。

車検にかかる費用

大きく分けると「法定費用」と「点検・整備費用」があります。

mame_inspection_img02

車検はいつから受けることが出来る?

車検満了日の1ヶ月前から受けられます。

車検証に記載の「有効期間の満了する日」、又はフロントガラスに張られた検査標章(ステッカー)で確認できます。

mame_inspection_img03

車検が切れてしまったら・・・

公道を走ることができません。

車検を過ぎてしまった車を動かすには、レッカー車を手配するか仮ナンバーを取得するなど、手間と費用がよけいにかかります。万が一、公道を運転した場合、無車検運行で6点の減点となり、30日間の免許停止、および6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。自賠責保険の期限が切れていた場合は、さらに罰則が厳しくなります。

駐車違反金を滞納していると車検が受けられない?

特定の書類が必要になります。

警視庁の「車検拒否制度」によるもので、駐車違反金を滞納しさらに督促状を送付されたことがある場合、違反金を納付したときの領収証書または「納付・徴収済確認書」を提示しなければ、検査に合格しても車検証の発行ができません。


こちらもお見逃しなく!