Q&A バッテリー編

Q1 バッテリーの寿命ってあるの?

A. バッテリーの寿命は製品によって異なりますが、およそ2~5年と言われています。
この範囲の違いに関しては車の使い方によるところが大きく、夜間走行が多い・エンジンの指導を頻繁に行っている・あまり運転しない(充電されない)など、様々な要因で変化します。

関連ページはこちら

Q2 ナビ、アンプ、ウーファー、電装品などを購入したら新車なのにバッテリーを変えた方が良いと言われた。なんで?

A. 新車の時点で取り付けられているバッテリーはほとんどが必要最低限の大きさの物になります。
当然後付けの電装品を考慮したサイズではないので、電気を消耗するナビやアンプなどを付けた際はバッテリーの「ランクアップ」として電力量に余裕のあるバッテリーに交換するのがおすすめです。
(車両とバッテリーにより付けられるサイズは変わりますので、スタッフまでご相談ください)

関連ページはこちら

Q3 バッテリーを新品に変えたのにすぐにバッテリー上がりを起こしてしまう。 確かに車は15万キロ走っている古い車だけど・・・?

A. 走行距離から考えてオルタネーターが悪くなっている可能性があります。
オルタネーターは車を走らせることで生まれる動力エネルギーを電気エネルギー変換し、バッテリーに蓄える役割があります。
オルタネーターが不良を起こすとバッテリーは単独で電気を放出するしか無く、充電が行われません。したがってすぐにバッテリーあがりを起こしてしまいます。

関連ページはこちら

Q4 プリウスに乗っています。ハイブリッドカーのバッテリーって交換できますか?

A. プリウスなどのハイブリッドカーはその特性上、ハイブリッド走行に必要な電気を作り出すメインバッテリーと、電装品などを動かす補助バッテリーを 搭載しています。
メインバッテリーに関しては現在ディーラーでの交換作業となりますが、補助バッテリーに関してはオートウェーブでも取り扱い・ご交換が可能です。
オートウェーブにはハイブリッドカーの整備に特化した低圧電気取扱特別教育の修了者が多数在籍していますので、ぜひご相談ください。

関連ページはこちら

※掲載されている回答文章・数値は当社調査によるものです。実際の内容や数値と多少異なる場合がございますので予めご了承ください。

こちらもお見逃しなく!