第6回 カンタン!プロが教えるバンパー補修とおすすめアイテム(前編)

車庫の出し入れなどで、もしバンパーをすってしまっら・・・

第6回 カンタン!プロが教えるバンパー補修とおすすめアイテム

柏沼南店副店長 小島雄也

phTitle

これでバッチリ!バンパー補修

慣れない道や場所に行くと、思わぬ所で車を擦ってしまったりすることがあります。がっくり肩を落としてしまいますが、キズがついたまま車に乗るのは悲しいですよね。今回は、バンパーに付いたキズを比較的簡単に直す方法をご紹介します。

はじめの一歩~塗装用品の選び方

クルマの塗料は、例えば同じシルバーでも車種によって様々な色の種類があります。一見同じように見える色でも正しい色の塗料を使わないと塗装した部分がはっきり目立ってしまい、逆にみっともない仕上がりになってしまいます。そこで重要になるのが愛車のカラーナンバーです。カラーナンバーは愛車の「型式プレート」という部分に記載されています。
このCOLORという部分の「T17」という部分が愛車のカラーナンバーです。 この番号をメモに控えてカー用品店の売場に向かいましょう!

mame_goods06_img01

バンパー補修に必要なアイテム

このような浅いバンパー傷を直す方法をご紹介します。
mame_goods06_img02

1|ソフト99 エアータッチ

この商品を使うことで筆塗りの仕上げよりも圧倒的に綺麗に仕上がります。

mame_goods06_img03

2|ソフト99 タッチアップペン

先ほどメモしたカラーナンバーをもとに選びます。詳しくは店頭の店員に相談して下さい。また、店頭に無い色の場合はその場で調色するオーダーカラーを導入している店舗もあります。

mame_goods06_img04

3|ソフト99 エアータッチ専用仕上げスプレー

このぼかし剤を使うことで塗装した部分の境目を目立たなくしてツヤを出すことができます。

mame_goods06_img05

4|ソフト99 シリコンオフ

塗装をする前に、この商品でしっかり塗装部分の油分や汚れを落とすことで、塗装のノリが格段によくなります。

mame_goods06_img06

こちらもお見逃しなく!

オートウェーブおすすめスキー場

NASPA
ハンターマウンテン
マウントジーンズ
猪苗代スキー場
宝台樹
ほたか牧場
オグナほたか