第1回 梅雨を乗り切れ!雨の日の安全運転の秘訣!(後編)

雨の日に役立つプチ情報

タイヤの溝は大丈夫ですか?

タイヤの溝が少なくなると、ブレーキ性能がかなり落ちます!

雨の日は視界を確保する事に注意がいきがちです。
しかし、濡れている路面に接地しているタイヤの役割はかなり重要です。
溝を雨水が通り排水される事で走行を安全に保っているのですがその溝が少なくなると十分な排水が出来ない為、ハンドルがとられたりブレーキ性能が落ち、結果として大事故につながる恐れがあります。
そうならない為にも普段からタイヤの溝やゴムの劣化チェックをおすすめします。

雨の日運転のコツ、教えます。

雨の日ドライブで安全走行するポイントは大きくわけて3つ。

・スピードを出さない。
雨の日は車と同じく歩行者や自転車も視界が悪くなったり、周囲への注意が散漫になりがちです。そんな時だからこそ万が一を考え、いつもより速度を落とし、安全運転を。

小島

・日ごろからの点検
普段からチェックしておきたいのがワイパーです。ワイパーはゴム製なので古くなると劣化して、水滴をしっかり取れなくなる事があります。「対策」も大事ですが同じくらい「予防」も大切です。

・エアコンでガラスの曇りをとる
雨の日は湿度が高くなるのでフロントガラスが曇りがち。エアコンには除湿機能が付いているので、オンにしておきましょう。

mame_goods01_img06

忘れがちなサイドミラーもしっかり撥水してくれます!

普段からサイドミラーを見るたびに撥水加工をしたいなぁ……と思っていましたので、今回お話があった時には「なんてタイムリー(笑)」と思いましたね。スプレータイプなので作業は……シュッと吹くだけでした(笑)
どのくらい効果があるのかちょっと半信半疑な部分もありましたが、効果に正直びっくりしてます。
手ですくって水をかけてみたのですが、キレイにはじいてくれます。
作業は簡単なので、女性の方にもおすすめです!

mame_goods01_img07
mame_goods01_img08
mame_goods01_img09

mame_goods01_img10

こちらもお見逃しなく!